Vue 3でmacOS(Windows)アプリを作ってみる

前回の記事にてポケモン一覧・詳細を表示するWebアプリを作成しました。

今回・次回はそのソースを少し改造して、macOSアプリ(とついでにWindowsアプリ)を作って行こうと思います。

方針としては、前回のソースにelectronを適用していきます。

electronは簡単に言うとWebページ(html+js+css)をパッケージングしてmacやWindowsのアプリとして起動可能にしてくれるプラグインです。アプリ(exe、appファイル)内部には「node+chronium」が一緒にパッケージングされるためアプリサイズは大きくなってしまいますが、1ソースでクライアントアプリが作れるのは魅力的です。

世間的にはatomやVSCodeもelectronで作られているそうです。

準備

前回の続きです。追加は特にありません。

Vue UIを使ってプロジェクトの設定を行う

せっかくなので前回同様Vue UIからelectronのインストールを行います。

UI左部メニューの「依存」>「依存をインストール」からelectronを検索し、開発依存としてインストールします。大げさなように見えますが、要はnpm i --save-dev electronと同じです。

プログラムの修正

2点だけ、プログラムを修正します。

まずはルート直下に、以下のファイル(index.js)を追加します。

const electron = require("electron");
const app = electron.app;
const BrowserWindow = electron.BrowserWindow;

const url =
  process.env.NODE_ENV === "DEV"
    ? "http://localhost:8080/"
    : `file://${__dirname}/dist/index.html`;

app.on("ready", () => {
  let window = new BrowserWindow({ width: 800, height: 600 });
  window.loadURL(url);
  window.webContents.openDevTools();
});

app.on("window-all-closed", () => {
  app.quit();
});

electronの起動用ルートファイルになります。

electronオブジェクトに描画するHTML(URL)を指定し描画します。

また、作成するapp(exe)独自の設定もここで行います。例えば以下のようなものを設定することができますが、詳細は割愛します。

  • 作成app(exe)ファイルのアイコン
  • 画面上部コンテキストメニューの作成
  • アプリケーション起動時処理
  • アプリケーション終了時処理
  • 等々

次に、package.jsonにアプリ起動用のscriptを追記します。赤字部分が追記部分です。

 {
   "name": "pokemon",
   "version": "0.1.0",
   "private": true,
   "scripts": {
     "serve": "NODE_ENV=DEV vue-cli-service serve",
     "build": "vue-cli-service build",
     "lint": "vue-cli-service lint",
+    "el-dev": "NODE_ENV=DEV vue-cli-service serve & sleep 5 && NODE_ENV=DEV electron index.js"
   },
   "dependencies": {
     "axios": "^0.18.0",
     "vue": "^2.5.17",
     "vue-class-component": "^6.0.0",
     "vue-property-decorator": "^7.0.0",
     "vue-router": "^3.0.1",
     "vuex": "^3.0.1",
     "vuex-class": "^0.3.1"
   },
   "devDependencies": {
     "@vue/cli-plugin-babel": "^3.2.0",
     "@vue/cli-plugin-eslint": "^3.2.1",
     "@vue/cli-plugin-typescript": "^3.2.0",
     "@vue/cli-service": "^3.2.0",
     "@vue/eslint-config-prettier": "^4.0.0",
     "@vue/eslint-config-typescript": "^3.2.0",
     "babel-eslint": "^10.0.1",
     "electron": "^3.0.12",
     "eslint": "^5.8.0",
     "eslint-plugin-vue": "^5.0.0-0",
     "typescript": "^3.0.0",
     "vue-template-compiler": "^2.5.17"
   },
   "eslintConfig": {
     "root": true,
     "env": {
       "node": true
     },
     "extends": [
       "plugin:vue/essential",
       "@vue/prettier",
       "@vue/typescript"
     ],
     "rules": {},
     "parserOptions": {
       "parser": "typescript-eslint-parser"
     }
   },
   "postcss": {
     "plugins": {
       "autoprefixer": {}
     }
   },
   "browserslist": [
     "> 1%",
     "last 2 versions",
     "not ie <= 8"
   ]
 }

vue-cli-serviceでサーバーを起動し、前回のWebアプリを裏で動かしています。

その後electron index.jsでクライアントアプリを起動するようにしています。

このように開発中は「Webサーバーに描画されるHTMLをクライアントアプリに描画する」という作りとなっているため、上記index.jsでは

const url =
  process.env.NODE_ENV === "DEV"
    ? "http://localhost:8080/"
    : `file://${__dirname}/dist/index.html`;

というように環境変数によってurlを切り替えるようにしています。また、package.jsonのスクリプトでもNODE_ENV=DEVを渡すようにしています。

プログラムの実行

package.jsonのscriptに追記しているため、vue UIの「プロジェクトタスク」にも追加されています。

「タスクの開始」を押すと実行され、以下のような画面が表示されます。

Webアプリと同じような画面ですが、一つのクライアントアプリとして専用のコンテキストメニューが表示されています。(特にいじっていないので、electronとしてデフォルトのコンテキストメニューが上記画面では表示されています)

開発モードの表示・非表示もコンテキストメニューから切り替えることが出来、開発者コンソールでデバッグをすることが可能です。(Chromeの開発者コンソールと同じです)

このようにelectronを使えば、Webアプリをそのまま同じソースでクライアントアプリに構築していくことが可能です。次回はアプリファイルへのパッケージングを行います。

参考URL:

Vue 3でmacOS(Windows)アプリを作ってみる」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Vue 3のmacOS(Windows)アプリをビルドする | Solutionware開発ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 − two =