タグ別アーカイブ: 卒FIT

近年の電力業界動向と対応実績

去年から電力の需給逼迫が度々ニュースで騒がれており、先月においても初の電力需給ひっ迫警報が発令されるなど我が国の電気は停電の瀬戸際にあり、綱渡り状態が続いています。

過去にはアメリカでも、安い電気料金が経済の活性化に必要との判断から1990年代に電力自由化しましたが、カリフォルニア州で十分な電力の確保ができず停電が頻発するなどしました。

入札という形を取ることにより、需給のバランスが崩れると小売り価格と卸売り価格との逆ザヤが発生してしまい、顧客負担も限界があることから電力落札額を回収することができず破綻してしまうという点や、最終的な需給のバックアップは誰がやるのかといった点など、制度設計上の抜け漏れも少なからずあります。

価格高騰時のFIP移行による電源調達

現状、足元ではさまざまな対策が検討施行されており、セーフティネットとしての融資や補助金による助成が行われていますが、資金投入に関して言えばその場限り感は拭えません。

しかしその中で、市場価格連動価格であるFIT電力から、固定価格や価格上限有での調達も可能なFIP「フィードインプレミアム(Feed-in Premium)」へ電源調達を移行する動きがあります。

仕組みとしてはFITだと1kWhあたりの買取単価というものが決まっており、いつ発電しても同じ単価での買取なのですが、FIPですと市場価格に連動して買取単価が決まるため、需要ピーク時に発電することで利幅が大きくなることから需要ピーク時の供給量を増加させることができます。

小売電気事業者が電源調達をFIPにすることで安定した価格で再エネを調達することができるというわけです。
欧州ではすでFITに代わる制度として導入されている制度ですが、2022年4月から日本でもスタートしました。

参照:再エネを日本の主力エネルギーに!「FIP制度」が2022年4月スタート

日本が電力自由化によって発送電分離をどのように実現し成功を収めるかは世界から注目されているのは事実ですし、肝いりの脱炭素政策と考えると今後大きな制度設計の変更が行われる可能性は十分にあると思われます。

当社の対応実績

当社において(といっても当社では私が関与したプロジェクト以外でも様々な電力関連システムの取り扱いがあるため、ごく一部分の話になりますが)もここ数ヶ月に渡って、普段発生しないようなイレギュラーな操作のご依頼が少なからず発生しています。

その中で印象的だったものとして、卒FIT買取ユーザーの一括スイッチング作業がありました。
ユーザーが小売電気事業者を変更するにあたり管理システム上でスイッチング廃止取次作業を行うわけですが、通常であれば多くても月に10件程度の取次依頼が1回で1万件近く発生しました。

小売電気事業者の事業統合や廃止、スリム化を行うことで契約ユーザーの大量スイッチングが発生したといった内容です。

他社で構築され、当社に保守管理をご依頼いただいておりましたシステムだったのですが、数千、数万件オーダーのスイッチング廃止処理を捌く想定がないシステムだったため(というかそもそもそういう条件が発生する可能性はほぼないため当たり前なのですが)手作業での対応や一部追加機能の実装といった作業が発生しました。

今回は今後頻繁に発生する事象というわけでもないため、お客様との話し合いの結果マニュアル作業によるデータ修正をメインに行うことにしました。

直接データを操作した形になりますが、お客様がどういった状態をゴールとしているかの把握が早かったため特段システムエラーやデータミスは発生せず完了することができました。また、もしここで数千、数万件オーダーのスイッチング廃止処理に対応できるシステムに改修するということを行えばそこそこの費用がかかったかと思いますが、その点も今回の課題がどういったものかをしっかり把握できていたため、圧倒的に少ない費用で対応することができました。

このような電力業界の仕組みに対する知見は一朝一夕で身につくものではなく、今後も制度設計変更に伴うシステムの大規模改修といったことが想定され、電力業界関連システムに実績のある当社においてはかなりの強みになるものと考えています。
知識と実績があることで、制度や仕組みを理解する時間や無駄な実装を省けるので工数を短縮でき、結果的には他社に比べ少ない工数で、さらに安全で堅牢なシステムを実装・開発することができます。

電力小売業界向けに特化したシステム構築

OCCTOが提供する広域API連携なども含め豊富な電力小売業界向けシステム構築実績があります。
また、電力小売関連システムへの稼働規模も大きいため多くのエンジニアが電力小売関連の知見を持ち合わせています。

もし現行業務でお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

株式会社ソリューションウェアお問い合わせページ
https://solutionware.jp/contact.html